パキスタンの酸攻撃被害者についてのデジタルストーリー、国際赤十字賞次席

法律: IT APC ICT パキスタン

パキスタンの酸攻撃被害者についてのデジタルストーリー、国際赤十字賞次席

KB for APCNews

2011年2月8日、アメリカ合衆国、テキサス州、オースティン

「私は、彼女の話を聞いてひるんでしまったかもしれないが、同時に彼女の強さと勇気に圧倒され、力を受けさえした。その時に、私は、彼女を助け、支え、援助するためにできることは何でもしようと決めた。前へ進み、自分の人生を自分でコントロールし、自分にとって何が最善なのかを決める勇敢な歩みを彼女が踏み出したことに感銘を受けた」。サヌア・マスードはフェミニスト技術交換ワークショップで作成したデジタルストーリーの中でこう話した。そのデジタルストーリーは最近、赤十字国際委員会の「ヤング・リポーター」コンペティションで入賞したものである。

デジタルストーリーとは何か?

デジタルストーリーとは、デジタルメディアを使用して制作され、記録され、広められる話のことである。デジタルストーリーテリングは経験を記録する方法であり、語り手によるメディアのコントロールと、言葉や写真、音楽の選択に焦点を当てている。それにより、最終制作物が聞き手に対して強い力をもつと同時に、制作過程は語り手に力強い影響を与える。

自分自身の体験についてのこれらの話を通して、語り手は世界と自身についての聞き手の理解を深め、憶測に異議を唱え、エンパワメントや激励をして、社会変化をもたらす。APC女性のネットワーキング支援プログラム(APC WNSP)はデジタルストーリーを記録と評価と治療に利用してきており、それらはアドボカシーのための強力な道具だと思っている。

彼女の話

パキスタンのAcid Survivors Foundation(酸被害者基金)の法律コーディネーターである24歳のマスードさんは、若い母親と仕事をした経験についてのデジタルストーリーを制作した。その若い母親は夫による酸攻撃の被害に遭い、後に夫と法廷で争った。酸攻撃は若い女性の顔に醜い傷を残した----彼女の鼻は折れ、両目と上唇はなくなった。

「彼女は示談や和解を求めずに、夫(加害者でもあり、彼女が結局は一緒の家に住まなければならない相手)との法廷闘争を闘うことを望んだ----そのような決心をするパキスタン人女性は多くないだろう。農村地域出身の女性は言うまでもない」と、マスードさんは彼女の話の中で語った。

赤十字国際委員会「ヤング・リポーター」コンペティション

マスードさんのデジタルストーリーは最近、赤十字国際委員会(ICRC)「ヤング・リポーター」コンペティションで3人の次席の1人として選ばれた。その結果として、マスードさんはパキスタンでICRC人道プロジェクトについての報告を行い、他の受賞者や次席の人々7人と一緒に、2011年5月の世界赤十字・赤新月の日にジュネーブで自らの「現場からの話」を伝えに行く。

「彼女を通して、私は異なる視点から物事を見始めた」とマスードさんはデジタルストーリーの中で語った。「そして、私の中で多くの固定観念が崩れていくのも感じられた。あなたが誰なのかも、どこから来たのかも問題ではない。重要なのは、あなたがどんな人になることを選び、どのように自分の長所を生かして積極的に活動するかである。他の多くの人々を感化する存在になること----それは、それ自体で答えの1つとなっている」。

フェミニスト技術交換

マスードさんは昨年、パキスタンのイスラマバードで行われたフェミニスト技術交換(FTX)ワークショップでデジタルストーリーを制作した。

FTXワークショップ----APC WNSPと地元の協力団体によって世界的にコーディネートされた、APCのMDG3:女性に対する暴力を終わらせるための「技術を取り戻せ!」プロジェクトの一部----は、女性の権利活動家を集めて情報や経験、技術を共有し、フェミニストの実践とテクノロジー政策を調査し、新興の情報コミュニケーション技術(ICTs)とアプリケーションについて学び、そして女性の権利を世界中で推進するための闘争においてコミュニケーションの権利が決定的な役割を果たすことについて意識を高めるためのものである。

ICTsは、女性(男性優位のICTの発達から利益を受けたり、影響を与えたりすることが得てして少ない、とりわけ発展途上国の女性)が、女性に対する暴力(VAW)を記録するための道具となる。その方法は、被害者と反VAW活動家の体験や発言を強めるとともに、VAWに関する意識を効果的に向上させる。

パキスタンで行われたこのFTXワークショップはP@SHAと、APCのメンバーであるBytes for AllOWPSEEとの共同事業だった。本日までに、FTXは10カ国で開催されてきた。南アフリカ共和国、ウガンダ、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、パキスタン、カンボジア、フィリピン、コロンビア、メキシコ、ブラジルである。

マスードさんのデジタルストーリーを見る。

 

2011-02-23 11:08:04 / shikimi
原文サイトを表示
[ 原文 ] http://www.apc.org/en/news/pakistan-acid-attack-survivors-digital-story-runne
Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス