祝えない子供の日:日本の原発破局

法律: 日本 解説記事 原発事故 東京電力 文部科学省 学校 20ミリシーベルト

最近、日本政府が冷酷に下した決定により、何千人もの子どもたちが危険に晒されている。

5月5日は子供の日、日本では子どもの幸せを祝う国民の祝日である。今年の子供の日には、暗い放射線の影が落ちることになった。

東京電力の福島第一原子力発電所原子炉が壊れ、そこから出た放射性物質の軌道に暮らす日本の子どもたちは健康上の問題を抱える可能性が高まったが、最近、日本政府が下した決定はその危険性をさらに悪化させるものである。

4月19日、日本政府は、福島県の学校と校庭における放射線被曝限度を大きく緩和し、年間20ミリシーベルトとした。日本の子どもたちは、それにより、毎時間、アメリカ合衆国環境保護庁がアメリカ合衆国市民に認める許容量の133倍の放射線に晒されてもよいということになった。日本の児童・生徒たちは、国際放射線防護委員会が原子力関係労働者が浴びる限度として勧告しているレベルと同じレベルの放射線に被曝することが認められたのである。しかしながら、原子力関係労働者とは違い、それだけの被曝を受けてよいかどうか自ら選ぶことができない。

この決定により、何千人もの子どもたちが危険に晒されることになった。

電離放射線に被曝することによる発癌のリスクに関して、大人の10倍から20倍危険であると考える専門家もいる。成長の際に、細胞分裂により細胞の損傷可能性が高くなるからであり、癌細胞の発生が促されるためである。胎児の定期X線撮影が世界的に廃止されたのはこのためである。アメリカ合衆国では、子どもの病死原因の中で最大のものは癌である。

4月12日、日本政府は、福島の核危機は1986年のチェルノブイリ事故と同じレベルの重大さであると発表した。マグニチュード9の地震と津波から数週間のうちに、東京電力の福島第一原子力発電所は膨大な量の放射性物質を環境中に放出した。

デイリーヨミウリ紙によると、原子力安全保安員(NISA)は、4月初旬までに27万から36万テラベクレルの放射性物質が環境中に放出されたと発表した。それまで政府関係者が推定していたよりもはるかに多い量であった。

ほとんどの放射性物質は海側に行き、また、放出量は激減したようであるが、NISAによると、東電原発の廃墟は一日あたり154テラベクレルのヨウ素131とセシウム137を大気中に放出し続けているという。これは、廃炉となったコネティカットヤンキー原発が年間に放出する放射線量の32万倍近い。4つの原子炉にはどれだけ環境中に漏出したか測定されていないまたフィルターもない経路が多数あることを考えると、NISAの推定が可能な範囲でもっとも低いものである可能性は高い。4月27日、ブルームバーグニュースは、東電福島第一原発の放射線量は地震以来最大になったと報じた。

半減期8.4日のヨウ素131は、乳製品や甲状腺とくに子どもの甲状腺にすぐさま吸収される。セシウム137の半減期は30年で、外部被曝の潜在的危険性がある。また、様々な食品に濃縮されて、人体の全体にわたって吸収される。約3カ月で大体安全なくらい崩壊の早いヨウ素131と異なり、セシウム137は数百年にわたり危険であり続ける。

保育園や幼稚園、中等学校の校庭1600カ所で4月上旬に行われた測定から、子どもたちが高い放射線量の被曝を日常的に受けていることがわかった。地上1メートルの放射線量から、数百の学校で、子どもたちがバックグランドの43倍から200倍の被曝を受けていることが示された。しかもこれは、東京電力福島第一原発周辺の、住民が避難した「立入禁止区域」の外での話である。日本の文部科学省は、福島市、伊達市、郡山市の13校で、屋外での活動を制限した。

長期的汚染の規模はまだ全面的に明らかにはなっていないが、不穏な証拠が現れている。東電の原発事故現場から40キロ地点で収集されたデータは、積算放射線量が95ミリシーベルトに達するところもある----原子力関係職業従事者の国際的な年間被曝基準の5倍近い値である。30キロの立入禁止区域外の土壌からは、1平方メートルあたり2200キロベクレルのセシウム137が検出された。チェルノブイリ周辺で避難指定された値よりも67パーセント近く高い数値である。

福島でモニターされている学校のうち4分の3で、人間の立入が禁止されるほど高いレベルの放射線が測定された。けれども、4月5日から子どもたちには新学期が始まっている。

文部科学省による子ども20ミリシーベルトの撤回を求める署名

English petition

 2011-05-22 20:44:01 / eengine
原文サイトを表示
[ 原文 ] http://www.ips-dc.org/blog/japans_nuclear_catastrophe_leaves_little_to_celebrate_on_childrens_day
Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス