チェルノブイリ事故時に0~5歳だった子どもにおける放射線由来白血病

法律: 放射線 原発事故 白血病 チェルノブイリ 論文抄録

抄録

本症例対照研究は、ウクライナで最も放射能汚染が高い地域(リウネ、ジトームィル、チェルニーヒウ、チェルカースィの各州)においてチェルノブイリ事故時に0歳から5歳だった子どもが、1987年から1997年の間に被曝を原因とする急性白血病に罹患するリスクを推定するために行われた。データとしては、1987年1月1日から1997年12月31日の間に白血病と診断された246ケースを収集した。各ケースを検証し聞き取りを行った。検証されたケースを、年齢・性別・居住形態(村落・半村落・都市)・行政地域でマッチングし無作為に抽出した492件からなる対照群と比較した。各ケース及び対応する対照群に対して、チェルノブイリ事故から白血病と診断された時までの累積放被曝量を評価した。被曝線量に応じた4グループ(0–2.9, 3–9.9, 10–99.9, 100–313.3 mGy)を選び統計分析を行った。10 mGy以上の被曝線量のグループでは、白血病のリスクに有意な上昇が見られた(-2.4 [95%信頼区間:1.4-4.0, p=0.01])。被曝線量とリスクの相関は男性においての方が高く(-2.8 [95%信頼区間: 1.2-5.1, p=0.05])、とりわけ急性骨髄性白血病においてその傾向が強かった(-5.8 [5%信頼区間: 1.4-24.6, p=0.05])。ありうる交絡因子および対照群抽出法の、白血病リスク評価に対する影響を分析した。単位線量あたりの評価リスクを議論する。

Andriy G. Noshchenko, Oleksandra Y. Bondar, Vira D. Drozdova

オンライン初出:2009年8月17日

DOI:10.1002/ijc.24834

International Journal of Cancer

  2013-02-25 09:43:19 / eengine
原文サイトを表示
[ 原文 ] http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ijc.24834/abstract
抄録のみの訳出。フェアユース。