チェルノブイリの鳥類におけるアスパーミ、精液品質と放射線

法律: チェルノブイリ 放射線 精子 論文抄録

抄録

背景

チェルノブイリ原発事故のあと、大量の放射性核種が環境に放出され広まった。汚染地域に生きる生物は、配偶子の量的減少や質的劣化などを含め、適応コストの被害を被っていると予想される。

方法/主な結果

我々は、ウクライナのチェルノブイリ周辺で、放射線量が3桁以上異なる地域で繁殖している野鳥を捕獲し、精液を調べることで、アスバーミと精液品質が放射能汚染の影響を受けているかどうかを調査した。アスパーミの雄鳥の数は、放射線量に応じて対数的に増加していた。汚染地域の雄では18.4%が無精子状態だったのに対し、非汚染地域の統制群では3.0%であった。さらに、精子の速度と運動性の低下に現れる精子品質と放射線量との間には負の関係があった。

結論/意義

本研究は、チェルノブイリ周辺の放射能汚染が精子の製造と品質に影響を与えていることを示唆している。放射能汚染に関連して精子品質の異種間での相違を報じた最初のものである。

書誌情報:Møller AP, Bonisoli-Alquati A, Mousseau TA, Rudolfsen G (2014) Aspermy, Sperm Quality and Radiation in Chernobyl Birds. PLoS ONE 9(6): e100296. doi:10.1371/journal.pone.0100296

エディタ: Shree Ram Singh, National Cancer Institute, United States of America

2014年4月15日受付・5月22日採択、6月25日出版

Copyright: © 2014 Møller et al. This is an open-access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited.

Data Availability: The authors confirm that all data underlying the findings are fully available without restriction. ESM files.

Funding: The authors have no support or funding to report.

Competing interests: The authors have declared that no competing interests exist.

2014-07-10 15:34:08 / eengine
原文サイトを表示
[ 原文 ] http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0100296
Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス