史上最も不透明な大統領バラク・オバマ

法律: 神戸女学院翻訳チーム

「オバマ政権はかつてない水準の政府の情報公開を実現する」とオバマ大統領が書いたのは就任から数日後の2009年1月29日。「情報開示によって我が国 の民主主義は強化され、政府の効率性と有効性が促進されるだろう」。そして政権発足から6年たった今、「開かれた政府の新時代」を実現する約束もまた、腰 砕けの壮大な公約の列に加わったにすぎないようだ。 

報道界は毎年3月中旬に「サンシャイン週間」を開催し、編集者達は一堂に会して政府の情報公開の姿勢について議論するが、AP通信は「現政権はかつてない ほど頻繁に政府関連の文書を検閲した。また昨年は情報公開法(FOIA)に基づく政府の文書の閲覧を徹頭徹尾許さなかった」。さらに、「オバマ政権の行政 の透明性を高める取り組みは、昨年が最悪だった」と報道した。

これはマサチューセッツ工科大学の大学院生のライヤン・シャピロ氏にとっては、別に驚くことでもない。彼は1962年のネルソン・マンデラ氏逮捕――同氏 はその後27年間にわたって投獄されることになった――におけるアメリカの役割についての公文書開示を要求して、FBI(米国連邦捜査局)、CIA(米国 中央情報局)それに、NSA(国家安全保障局)に対し、連邦訴訟を起したばかり。マンデラ氏に関する情報公開請求が受理されなかったため、訴えたのだ。 シャピロ氏は記録を追及している訳を「なぜアメリカの情報機関はマンデラ氏をアメリカの安全保障への脅威とみなしたのか、そして情報機関は南アフリカ共和 国の人種平等と民主主義のために闘うマンデラ氏を妨害するためにどのような役割を果たしたのか、僕はその真相が知りたい」と語ってくれた。

シャピロ氏はNSAに対して、50年前のマンデラ氏逮捕の詳細の情報公開を求め提訴。NSAは「マンデラ氏に関する情報資料開示に関して、請求のあった文 書の有無は現在厳密な機密事項であると決定しました」と回答した。唯一確かなのは、これが半世紀を経た後のNSAの言い分だということだ。

シャピロ氏はまた、マンデラ氏がアメリカ政府テロリスト監視リストに2008年まで記載されていた事についての情報も要求している。これはマンデラ氏が南 アフリカの民主的に選ばれた初代大統領の責務を果たした、またノーベル平和賞だけではなく、アメリカ議会名誉黄金勲章、アメリカ大統領自由勲章をも授賞し た何年も後の事だ。なぜシャピロ氏はそれらの文書を追及しているのだろうか?彼は「その答えは、国家の安全保障についての狭量な考え方や、愚かな軍事同盟 と企業の利益を人間の権利や市民の自由よりも優先する近視眼的な考え方に関連している」と語った。

シャピロ氏は異色の経歴の持ち主で、彼にとって活動家にテロリストのレッテルを貼る政府のやり方は他人事ではない。2002年、彼は市民不服従行為をし た。ガチョウを飼育しフォアグラを生産している畜産場に忍び込み、彼曰く「工場式畜産場では当たり前のぞっとする有り様」を暴露した。彼とほかの活動家は 「おおっぴらにガチョウを助けたり、盗んだり、工場式畜産場の実態を映画にした。それは市民的不服従行動としてやったんだ。でもそれは本当には犯罪 で……。僕は40時間、社会奉仕活動をした。責めを負うのはそれだけ、それ以上の事はなにもしてない」。それ以来、各州政府は次々に、いわゆる農業口封じ 法(Ag-Gag laws)を可決した。動物の権利保護活動をテロ行為とみなし、かなり厳しい量刑も科される法律だ。

シャピロ氏は、現在執筆中の論文「ボディーズ・アンド・ウオー――アメリカの動物、科学の自由、安全保障」で、「19世紀後半から今日まで、国家の安全保 障というレトリックや装置を利用して動物保護主義者を抑圧していることに」注目。彼は疑問に対する答を求めておびただしい数の公文書を追及。FBIに 700件近い情報開示請求を申請し、350,000件の文書を要求。司法省からは「最多」請求者呼ばわりされるようになり、FBIは彼の論文の一部が国家 安全保障を脅かすとのレッテルを貼った。

2008年に選挙活動を行っている間、オバマ大統領は「憲法学者」が売りの一つだった。当然、第四代大統領で「権利章典の父」と言われているジェームス・ マディソンが共同執筆した憲法を読んだはずだ。マディソンは1882年「情報や、それを得る手段がない大衆的な政治は、茶番劇か悲劇、あるいは両方のはじ まりにすぎない」と述べている。エドワード・スノーデン氏がNSAの大々的なスパイ活動や監視を暴露し、さらに政府の透明性に関する記録が不透明なった 今、オバマ政権は悲惨にも茶番劇を通り越してしまった。

 

 

 

 

 

 2015-01-25 19:34:51 / tkkobe
原文サイトを表示
[ 原文 ] http://www.truthdig.com/report/item/barack_obama_the_least_transparent_president_in_history_20140326
原著者の許可を得て公開しています。転載不可。