オーストラリアの著作権改正は報告書の提言にとどまるだろう

法律: TeleRead 著作権 オーストラリア

オーストラリアの著作権改正は報告書の提言にとどまるだろう

クリス・メドウズ

2016年6月20日

オーストラリアは並行輸入に対する制限事項を緩和し、米国式の「フェアユース」の例外を実装し、著作権の保護期間を大幅に短くするべきだと示唆したオーストラリアの政府委員会の報告を覚えているだろうか? 政府は著作権の保護期間の短縮に乗り気ではないと主張しているオーストラリア政府の役人についてはすでに取り扱った。今、Publishing Perspectivesによるオーストラリア書籍出版業関係者のAndrea Hankeへのインタビューによると、報告書の内容にかかわらずオーストラリアのいつも通りのやり方のままになるだろうと示唆されている。

Hankeは、著作権の保護期間の長さが事実上条約で確定されていることを考えれば、並行輸入の制限事項が議論の最重要部となると見ている。彼女は次のように説明する:

政府は並行輸入の制限事項(PIRs)を撤廃するという公約を堅持し続けていますが、最近、Mitch Fifield芸術相は撤廃に特定の時間枠を設けてはおらず、産業界と「過渡的協定」について協議したいと話しました。

野党の労働党は(ここでおそらく、7月の選挙が近いということに気付くでしょう)、PIRsの撤廃はありそうもないと示しました。

彼女は、現在のオーストラリア政府は「自由市場に関する議題があり、地域的な制限事項は価格の低下への障壁となると考えています」と述べた。また、PIRsが論争の焦点となったのは初めてではないと指摘する;政府委員会は以前、2009年にそれらの撤廃を推奨したが、当時の政府はそれらを保持する決定を行った。

全般的にオーストラリアの書籍出版業は並行輸入制限はよいことだと考えており、自由市場がニュージーランドの出版産業を害したやり方について指摘するだろうとHenkeは付け加える。 Australian Booksellers Associationのようなオーストラリアの書店グループでさえ、PIRの撤廃に反対したキャンペーンを行っている。

では、この報告書による提案は、以前の報告書による同様の提案と同じ運命をたどるのだろうか? ありえそうだ。財界が物事を確実にそのままにしておくことに強い関心をもつなら、物事はたいていそのままになる。

とは言うものの、この文章に私は言いたいことがある。Porter Andersonは書いている:

論争の基本的な焦点は、生産性委員会による概略資料の中に現れている。そこには「オーストラリアのIP(知的財産)システムは不具合を起こしており、利用者よりも権利保持者に有利で、現代の人々のIPの使い方と合っていない」と書かれている。権利保持者は、そう、まさに著作権保護が有利に働くべき当事者だと、著作権の支持者の大部分はすぐに指摘するだろう。

実際のところ、そうではない。現代の著作権の全体の目的は----少なくとも合衆国憲法に記載の;オーストラリアのものそのものについて私が話すことはできないが、米国版の影響を受けた同じ原則に基づくなら、似たものになるはずだ----、一般市民の利益となることであり、権利保持者のためではない----権利保持者に利益を与えることによって一般市民の利益が増進する場合を除いて。権利保持者の利益と一般市民の利益との間に不一致が生じた場合、勝利を収めることになっているのは一般市民である。誰かが「権利保持者は[. . .]まさに著作権保護が有利に働くべき当事者だ」と主張するたびに、私はうんざりする。

オーストラリアが著作権と輸入の制限事項を緩めることになるかどうかはまだわからない。そんな中、2、3のKindle本のタイトルをAmazon.com.auとAmazon.comで抽出検査してみたところ、通貨換算するとオーストラリアの電子書籍の価格は多かれ少なかれ同等か米国の価格より安かった。(いくつかの場合、例えばAlliance of Equalsはオーストラリアのサイトでしか入手できない唯一の版は可聴式のオーディオブックだった。奇妙に思える----とはいえ、オーストラリアで本当にその電子書籍をほしいと思う人は誰でも、Baenに直接注文できる)。だからおそらく、これは結局のところ主に印刷本の販売者にとっての重要問題なのだろう。

【The original articles are copyrighted in the United States of America by North American Publishing Company. They are used with permission from the Company.

英語原文はアメリカ合衆国においてNorth American Publishing Companyが版権を保有している。本翻訳はNorth American Publishing Companyの許可を得て翻訳公開するものである。】

 2016-06-21 15:54:41 / shikimi
原文サイトを表示
[ 原文 ] http://teleread.com/australian-copyright-reform-will-probably-go-no-further-than-report-recommending-it/
原サイト(http://www.teleread.com/)から、同サイト上の記事については、著作権表示を明記した上で「みんなの翻訳」サイト上で翻訳公開する許諾を得ている。