Linux人気デスクトップ環境10選 | from Tecmint.com

法律: IT 解説記事 Linux フノス(訳者)

 Linuxには Windowsや Mac OS X には見られない面白さがある。その一つが、デスクトップ環境が変えられることだ。
 デスクトップを選ぶ理由は、ユーザーの使い道に合っているから、コンピューターのスペックに合わせたからなど、個人によってさまざまだ。
 

  デスクトップ環境とは、全員とは言わないが、ままたくさんのユーザーに共通するデスクトップメタファーを実現するためのもので、OSのシステムを具体的に表現する役割を持つ。また、グラフィカル・シェルとしても知られる、GUI(graphical user interface)の使用を円滑なものにする。

  この記事では、そのLinuxデスクトップの中でも、それなりに高機能なものを簡単に紹介する。
 それぞれに大まかな解説がついているけれど、どれもそんなに詳しくは紹介しないのであしからず。
 

  それでは、デスクトップの世界を覗いてみよう。

 1. GNOME 3 Desktop

  Linuxデスクトップで最も人気のあるのは、GNOMEシリーズだと思う。改造可能のオープンソースだ。機能もシンプルで、パワフル。使いやすい。Linuxユーザーがあっと驚いたり、ワクワクするような設計をしてくれている。

  基本的な操作は極力簡単にこなせるように作られていて、強力なサーチツールで、どこからでも行きたいことろに行ける。
 それから、新しいGNOME3には以下の機能が実装された。

 (写真)GNOME 3 デスクトップ

 公式ページ:www.gnome.org/gnome-3/
 

 2. KDE Plasma 5

  KDEはそれなり有名なデスクトップだ。パワフルでカスタマイズ性に富む。ユーザーが自由に各々操作できるのが特徴だ。

  KDE系列で新しくリリースされたのが、Plasma 5 。
 従来のKDEに比べ、いくつかの改良と新機能の実装が施された。さらに、使いやすく分かりやすく改良されたKDEをお試しあれ。
 

  使用言語は Qt 5 と frameworks 5 である。
  Plasma 5で実装された機能は

 

  (写真)KDE Plasma モニターウィンドウ

 公式ページ:www.kde.org/
 インストール方法の解説:www.tecmint.com/install-kde-plasma-5-in-linux/

 

 3. Cinnamon Desktop

  CinnamonはGNOME シェルから派生した、ややマイナーなデスクトップである。なので、スクリーンセーバー、デスクトップ、メニューなどがセットになっている。

 

  Cinnamonデスクトップは、GNOMEの派生デスクトップで、Linux Mint では MATE とともにデフォルトである。

  Cinnamonデスクトップに実装されている主な機能:

              
 

  (写真)Cinnamon Desktop

 公式ページ:developer.linuxmint.com/projects.html

 

 4. MATE Desktop

  MATEは直感的に使える、魅力的なデスクトップだ。
 GNOME2から派生している。Linuxや他のUnix系システムで使うことができる。デフォルトのアプリケーションはあまり多くなく、Cajaファイルマネージャー、Plumaテキスト・エディター、MATEターミナルなどがある。

  Linux MintではCinnamonと並んでデフォルトのデスクトップだ。

  (写真)Ubuntu 16.04のMate デスクトップ

  公式ページ:mate-desktop.com/
 

 5. Unity Desktop

 UnityはGNOMEデスクトップ用グラフィカルシェルだ。
 このプロジェクトは、マーク・シャトルワースとCanonical社(この会社はUbuntuの開発元として有名)によってつくられた。2010年に開始されたこのプロジェクトは、デスクトップ・ネットブック使用者をターゲットに、素晴らしいデスクトップになることを目指している。
 

 

  まず最初に、まるで違うそのデザインに驚くだろうけれど、GNOMEアプリとライブラリに対応しているので、使えるソフトの幅は広い。
 Unityの主な機能:

                  
 

  (写真)Unity Desktop

  公式ページ:unity.ubuntu.com/

 6. Xfce Desktop

  動作が軽く、使いやすい。デザインもモダン。オープンソースなデスクトップを求めているならこれだ。
 動作するプラットフォームが幅広く、Linuxはもちろん、Unix系のシステム(Mac OS X, BSD, Solarisなど)にも対応している。ぜひチェックしてほしい一押しのデスクトップだ。
 リソースが少ない、弱いPCでも使いこなすことができる。使える機械は多いはずだ。
 

  それなのに、美しいユーザーインターフェースを提供する。
実装されている主な機能:



 

 (写真)Xfceデスクトップ

  公式ページ:www.xfce.org/
 

  7. LXQt Desktop

  次におすすめなのがLXDEの最新版、LXQtだ。軽量でシンプル、改造可能なオープンソース。LinuxとBSDディストリビューションで使える。
 リソースが少ないPC、古いPCでも使用可能だが、それだけではない。クラウドサーバーのデスクトップとしても使うことができる。
 

  Knoppiz、Lubuntuそして、少しマイナーなLinuxディストリビューションに採用されている。
 主な機能:

 

  (写真)LXQTデスクトップ

  公式ページ:lxqt.org/
 

 8. Pantheon Desktop

  Pantheonはシンプルで細かいところまで作り込まれたElementary OS用デスクトップだ。ウィンドウズやMacOS Xと同じように使えることを目指している。
 他のデスクトップほどの目だったオリジナリティはないかわりに、シンプルで使いやすい点に人気がある。

 

  WindowsやMacからLinuxに移行したての人にとってはかなり魅力的なデスクトップといえる。

  (写真)Elementary Pantheonデスクトップ

  公式ページ:elementary.io/
 

 9. Deepin Desktop Environment

  Deepin Desktop Environment( DDE)もシンプルで、使いやすいデスクトップだ。Deepin OSに搭載され、開発元もそこである。

  Arch Linux、Ubuntu、Manjaroなどのディストリビューションで動作可能。スタイリッシュなインターフェースが魅力的だ。

  いくつかの機能は使いやすい。
 便利なポップアウト・サイドパネルと、Pantheonとほとんど同じアプリケーションドックが画面下部にある。
 

  (写真)Deepin OS

  公式ページ:www.deepin.org/
 

 10. Enlightenment Desktop

  Enlightenmentはもともとx11システムのウィンドウマネージャーとして開発が始まった。それが今では、デスクトップ環境にまで成長したもの。モバイル、ウェアラブルテレビのインターフェースにも採用されている。
 開発側のさらなる改良のうちに、便利なライブラリを拡充していった。

  そのライブラリは、画像ヴューアやビデオプレーヤ、ターミナルエミュレータなどの、デスクトップ・アプリケーションのビルドに使われる。これがEnlightenmentのデスクトップ環境が改良されていく秘訣だ。

  さらに、今でもx11のグラフィカル・ディスプレイ・レイヤーであるWaylandは開発が続いている。

  (写真)Enlightenmentデスクトップ

  公式ページ:www.enlightenment.org/
 

  これかも、というデスクトップは見つかっただろうか?


 当サイトフィードバックでは、あなたのデスクトップへの感想、使い心地などの投稿をお待ちしております。
 まだ知られていないデスクトップの報告や、ここには載せられていなかった素晴らしいデスクトップの報告などもお寄せください。(原文)
 

 筆者:Aaron Kili2017-04-04 16:51:33 / Hnoss
原文サイトを表示
[ 原文 ] http://www.tecmint.com/best-linux-desktop-environments/
Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス