Wikipedia 本日の写真 / 2017年3月29日 / ドリフト走行

ドリフト走行とはドライバーがわざとオーバーステアにして走行するテクニックのことで、後輪または全タイヤを滑らせながらコントロールを維持してコーナーを曲がりきる。前輪がハンドルを切った方向と逆に向いてしまうほど、後輪のスリップアングルが前輪のスリップアングルより大きくなるとオーバーステア状態になる。ドリフト競技は、モータースポーツの一つとして1970年代に日本で初めて普及した。現在、ドリフト競技は世界中で開催されており、スピード、角度、観客を引きつける手腕、コーナーのライン取り、コーナー走行時の姿勢といった基準で審査される。 

 2017-12-19 16:56:06 / hanako
原文サイトを表示
[ 原文 ] https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Template:POTD/2017-03-29&oldid=770562391
Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス