ERPシステムは、学校管理ツールとしても使えます | erpnext.com

法律: 経済 IT ERPシステム オープンソース ERP 教育 学校 ソフトウェア フノス(訳者)


 (画像1)


  学生・生徒のデータ整理に

  全学生・生徒のデータを安全に集約、保管することができます。
  生徒の記録、保護者の情報、住所、兄弟姉妹、学科や進路の希望、授業のスケジュール、マークシート、出席回数など、生徒に関するすべてのデータをすぐに確認できます。

 (画像2)


 

  出席回数の記録

  出席回数を効率的に記録できるうえ、各生徒の出席状況を教科や授業ごとに絞り込んで表示することもできます。
 そのデータをもとにして、レポートを作成する機能があります。データを保護者と共有する際にも便利です。

 (画像3)


 

  入学試験の手続き

  オンラインを介して入試の手続きを効率的に行えます。入試の出願受付から合格発表まで、これ1本で可能です。
 保護者、学校スタッフともども試験の手続きがより手軽になることでしょう。

 (画像4)
 


  評定・評価

  テスト、課題、宿題の予定を、生徒たちに通知できます。もちろん、課題の詳しい説明や、締切期限がいつであるかも同時にお知らせできます。
 各生徒の答案の提出状況、評定なども記録されますので、今までかかっていたデータ入力の手間が省けます。

 (画像5)


 

  集金にも便利

  学校を運営していればどこかでお金を集める機会がありますが、それも効率化できます。
  各個人の支払い、あるいは未払いの記録が一目でわかります。また、収集日のお知らせと、関係している生徒に督促状を自動で送付する機能もあります。
  こんなところでもデータ入力の手間が省けるんです。

  (画像6)

2017-04-17 22:35:46 / Hnoss
原文サイトを表示
[ 原文 ] https://erpnext.com/schools
Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス