Ubuntu 16.04 » Ubuntuサーバーガイド » パッケージ管理 »  Apt

法律: IT Linux Ubuntu フノス(訳者)

 パッケージのインストール:Ubuntuでパッケージをインストールするには、「apt」ツールを使うのが最も簡単な方法です。
 たとえば、ネットワーク・スキャナーの「NMAP」をインストールするときには、次のようにコマンドを打ちます。

  sudo apt install nmap 

 パッケージの削除:パッケージを削除する時にも「apt」コマンドを使います。たとえば、先ほどインストールした「NMAP」を削除するには、次のように入力してください。

  sudo apt remove nmap 

 複数のパッケージを指定する:「apt install」「apt remove」の後ろに、パッケージ名の間にスペースを入れながら、任意のパッケージを並べて入力すると、複数のパッケージを一度に指定することができます。

 --purgeオプション:パッケージ削除時にこのオプションを追加すると、パッケージの設定ファイルも同時に削除します。ただし、パッケージを再インストールしたときに、元の設定を復元できなくなりますので、使用には注意が必要です。

 パッケージを更新する:パッケージの更新には、APTパッケージインデックスというものが使われます。これには主に、利用可能な更新パッケージをレポジトリから取得する役割があります。
(ちなみに、このときのレポジトリは、「/etc/apt/sources.list」ファイルと、「 /etc/apt/sources.list.d」ディレクトリに記載されているものが使用されます。)
 マシンに入っているパッケージ・インデックスを最新版にするには、次のようにコマンドを打ちます。

  sudo apt update 


 パッケージのアップグレード:
パッケージ更新ほど頻繁ではないものの、セキュリティ機能の追加などで、パッケージのアップグレードが行われる場合があります。
 システムをアップグレードするには、まずパッケージ・インデックスを大幅に更新しなくてはなりません。そのような時に、次のコマンドを使います。

  sudo apt upgrade 


  システムのアップグレードについて詳しく見る

 

  aptコマンドの使用履歴は、 「/var/log/dpkg.log」ファイルに記録されます。

  APTを使う上で、その他に情報を求めている場合は、apt helpと入力して、Debian APT User Manual を開いてください。
 

 

2017-08-12 19:24:41 / Hnoss
原文サイトを表示
[ 原文 ] https://help.ubuntu.com/lts/serverguide/apt.html
Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス