フェミニストの自律的な基盤に関する継続中の会話:エリカ・スミスとKéfir

法律: 中南米 ICT APC

フェミニストの自律的な基盤に関する継続中の会話:エリカ・スミスとKéfir

2017年8月2日、メキシコ

2017年7月に始動した小さな資金調達として、あるいはフェミニストの自由な技術共同体であるKéfirとして始まったものは、ラテンアメリカにおけるフェミニストの基盤の重要性を調査するものへと変化した。私たちが近いうちにここで育むことになる、この継続的な会話に耳を傾けよ。

また、「鋼鉄から皮膚へ」宣言を確認してみることもできる。それはVedetaのメンバーであるFernanda MonteiroとKéfirの共同創設者Nadégeが、助けを相互依存として、基盤を共同体の具体化として言い換えるという精神の下に結集させたものである。

「行動主義の話になると、それは----デフォルトで----フェミニストと脱植民地、反資本主義ということが自明であるはずです。しかし、階層構造はあなたのいるところへと移ります。行動主義はまだモジュールであり、私たちはより交差的になることに困難を感じています。交差性について話す人々は多くいますが、実際には、物事はずっと箱の中で別々にされていました」。

記事全文はこちら

 2017-08-13 10:58:57 / shikimi
原文サイトを表示
[ 原文 ] http://www.apc.org/en/news/ongoing-conversation-feminist-autonomous-infrastructure-erika-smith-and-k%C3%A9fir
Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス