【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab CI 設定サンプル集

法律: IT 解説記事 ウェブ制作 GitLab CI フノス(訳者)

 GitLab DocumentationGitLab Continuous Integration (GitLab CI)>GitLab CI 設定サンプル集

 


  このページでは、GitLab CI Yml projectを構成する上で欠かせない、「.gitlab-ci.yml」ファイルの設定例を集めました。
 それぞれの言語のユニットテストや機能テストを実行するためのコンフィグを述べた記事がほとんどを占めています。


 あなたが得意とするプログラミング言語や、フレームワークを選んでください。
 もしも、この中にまだ紹介されていない言語別設定や、フレームワーク用設定がございましたら、ぜひともマージリクエストをお願いします。

(全ての設定項目については➡「 .gitlab-ci.yml 設定メニュー 」)


 

  プログラミング言語、フレームワーク、OSごとの分類

 PHP

 

 Ruby

 

 Python

 

 Java

 

 

 Scala

 

 Clojure

 

Elixir

iOS  
Android Code quality analysis

 

 

 その他

 

  GitLab Pages用 GitLab CI

 

 

  GitLab Pagesについて詳しく知りたい方はこちら

 

  このページで、皆さんがお使いの言語やフレームワークはきちんと見つかりましたか? よい設定方法が見つかった場合は、マージリクエストをお願いします。奮ってご参加ください。 Edit this page




 

 (訳者より一言:
※これから述べることは、プログラムにまったく通じていない訳者が、
複数のコンフィグを見て得た「個人の感想」というやつである。


・上のリンクと、その他gitlabのレポジトリの記述からして、「.gitlab-ci.yml」ファイル全体では
before_script」と「cache」の最適化に
やや力を入れている気がする。

・「before_script」の設定には工夫がいるらしい。
 たとえば、「
android用プロジェクトの設定」によると、
「常に最新
パッケージにしておいてほしいソフトは、全部before_scriptに書いといた方がよい」
らしく、スクリプトは長文化が見込まれるという。

 また、「GitLab CIの力でDebian パッケージのビルドを自動化する」では、
「# 複数のjobで使用するコマンドを、今回は「/etc/profile 」というファイルに記述した
before_script: - source /etc/profile )」
とあるので、あんまり長文化したjobは、
別ファイルで管理した方が効率的な場合があるようだ。

 

2017-11-17 23:49:15 / Hnoss
原文サイトを表示
[ 原文 ] https://docs.gitlab.com/ee/ci/examples/README.html
原文ページプロジェクト並びにドキュメントファイルは、MIT Licenseのもと公開されています。(URL:https://gitlab.com/gitlab-com/gitlab-docs/blob/master/LICENSE) この記事の文章は、訳者の判断によりCreative Commons BY (version 3.0) を適用するものとします。