Van Eck phreaking(ファン・エック・フリーク)

法律: IT 百科事典

Van Eck phreaking(ファン・エック・フリーク)

Van Eck phreakingは盗聴の一形態であり、その中では特殊な装置が使用され、電子機器を探るため、隠された信号やデータを再形成する目的でそれらの隠された信号やデータを結び合わせる電子機器からの側派帯電磁放射線を傍受する。側派帯電磁放射線放出は適切な装置の中やそばに存在し、キーボードやコンピュータのディスプレイ、プリンタ、その他の電子機器からとらえることが出来る。

CRT(cathode ray tube、ブラウン管)ディスプレイのVan Eck phreakingは、その電磁放射線を検出することでCRTの内容を傍受する方法である。概念の実証も含めて1985年に最初の論文を公表したオランダのコンピュータ研究者であるWim van Eckの名を取って命名された[1]。Phreakingは電話回線網を不正に使用する方法のことであり、ここで使われているのはそれが傍受と関連しているためである。

Van Eck phreakingはまた、電子投票における選挙の投票の秘密の危殆化のために使われるかもしれない。このことからオランダ政府は、投票情報の秘密が保持されていないかもしれないという信念のもと、2006年の国政選挙においてSDU製のNewVoteコンピュータ投票計算機の使用を禁じた[2][3]。2009年のブラジルでの電子投票システムの試験においてVan Eck phreakingが使用され、投票の秘密の危殆化が概念実証として成功した[4]。

目次

1 基本原理
 1.1 CRTs
 1.2 LCDs
 1.3 Van Eck phreakingを使用した通信
 1.4 専用につくられたアクセス・バッテリー
2 関連項目
3 参考文献
4 外部リンク

基本原理

ビデオディスプレイを駆動する情報は高周波の電気信号の形を取る。これらの振動電流は無線周波数帯域における電磁放射を生み出す。これらの電波放射は表示されるビデオ画像に関連し、そのため、理論的には、それらは表示された画像を再現するために使用しうる。

CRTs

CRTにおいて、画像は画面中をあちこちへ広がる電子ビームによって生み出される。電子ビームはガラス上で蛍光塗料を刺激し、輝かせる。ビームの強さは個々のピクセルの明るさを決定する(詳しい説明についてはCRTを参照のこと)。電子ビームを駆動する電気信号はTTL回路により何百ボルトにも増幅される。この高周波で高電圧な信号は電磁放射を生み出し、それはVan Eckによれば「TV放送信号に著しく似たもの」をもつ[1]。信号は画面から漏出し、アンテナによって捕捉されるかもしれない。そして一度同期パルスが再現され混ぜられたなら、普通のアナログテレビ受像機は結果を表示できる。同期パルスは手動の調整かもしくはCRTの電子ビームをあちこちへ偏向させるときの電磁石コイルから放出された信号を処理することで再現されうる[1]。
 

論文においてVan Eckは1985年2月にBBCの協力でこの考えについての試験を成功させたと報告している。電子機器を詰め、VHFアンテナアレイを装備したバンを使い、「遠い距離」から傍受することができた。BBCのTVの検出器バンが実際にこの技術を使用したという証拠はないが、それらがいかさまかどうかをBBCは明らかにしないだろう[5]。

Van Eck phreakingと、CRT ディスプレイをそれから保護することは、2003年12月18日、Tech TVのThe Screen Saversの話で実証された[6][7]。

LCDs

2004年4月、学術的研究により平面パネルとラップトップのディスプレイもまた電磁傍受の攻撃を受けやすいことが明らかになった。スパイ行為のために必要な装置は2000米ドル未満で大学の研究室で構築された[8]。

Van Eck phreakingを使用した通信

2015年1月、米国ジョージア工科大学のAirhopperプロジェクトは、(イスラエルのベングリオン大学で)Van Eck Phreakingを使用し、映像信号の操作により、標準的なPCのキーボードで押されたキーを、イヤホンラジオアンテナを備えたAndroidの携帯電話で実行されるプログラムへとキーロガーで通信させることを可能にした[9][10][11]。

専用につくられたアクセス・バッテリー

専用につくられたアクセス・バッテリーは、遠く離れた発信機/受信機と組み合わせて、外装にVan Eck Phreakingの電子機器と電源側帯域の暗号解読機器を組み込んだ特別なラップトップのバッテリーのことである。これは単純にバッテリーを切り替えることでスパイしている機器の素早い設置と除去を可能にする[12]。

関連項目

TEMPEST日本語版)、電子機器からの電気あるいは電磁放射の流出を制限する米国政府の基準

RINT、Radiation Intelligence(放射線情報部)の頭字語であり、軍事的アプリケーション

エア・ギャップ(ネットワーク関係)

Near sound data transfer

SilverPush

参考文献

1. Van Eck, Wim (1985). "Electromagnetic Radiation from Video Display Units: An Eavesdropping Risk?" (PDF). Computers & Security. 4 (4): 269–286. doi:10.1016/0167-4048(85)90046-X.

2. Dutch government scraps plans to use voting computers in 35 cities including Amsterdam (Herald tribune, 30. October 2006)

3. Use of SDU voting computers banned during Dutch general elections Archived 2008-09-23 at the Wayback Machine. (Heise, October 31. 2006)

4. "Brazilian Breaks Secrecy of Brazil's E-Voting Machines With Van Eck Phreaking". Slashdot. November 21, 2009.

5. Carter, Claire (27 September 2013). "Myth of the TV detector van?". The Daily Telegraph. Telegraph Media Group. Retrieved 27 September 2015.

6. Van Eck Phreaking

7. The Screen Savers: Dark Tip - Van Eck Phreaking

8. Kuhn, M.G. (2004). "Electromagnetic Eavesdropping Risks of Flat-Panel Displays" (PDF). 4th Workshop on Privacy Enhancing Technologies: 23–25.

9. Air-gapped computers are no longer secure, TechRepublic, January 26, 2015

10. Original Whitepaper

11. Airhopper demonstration video, Ben Gurion University

12. White paper, FDES institute, 1996, page 12.

外部リンク

Van Eck phreakingの実演

Tempest for Elizaはコンピュータ・モニターを使いAMラジオ信号を送り、コンピュータから生じた音をラジオで聞けるようにする。

・ケンブリッジ大学のセキュリティ研究者により2006年のCeBITでのビデオ盗聴の実演

eckbox ---- オープンソースのVan Eck phreakingの実装を構築しようとした2004年春の失敗したあるいは断念された試み。

無線キーボード接続を盗聴する

[1] ---- 汎用コンピュータに対してある種のプロセッサ命令を使うことによるVan Eck phreakingの実現

 2018-03-04 16:36:02 / shikimi
原文サイトを表示
[ 原文 ] https://en.wikipedia.org/wiki/Van_Eck_phreaking
Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス