GitLabはRaspberry Pi 2にも入るぜ! | from about.gitlab.com

法律: IT 解説記事 GitLab Raspberry Pi フノス(訳者)

 2015年 4月15日投稿

 
 

  GitLabをRaspberry Pi 2に入れたい?

  それなら簡単さ。
 
 GitLabにはいくつものパッケージがあるけれども、その中に、Raspbian OS用に作られた「公式Raspberry Pi 2オムニバスパッケージ」というものがある。
 これが、手っ取り早く、軽量なGitLabサーバーを作れるコースということだ。

  公式では、マシンに1GBのスワップを用意することを要求している。これについては、GitLab稼働必須条件というページをご覧いただきたい。

  それぞれのシステムに合ったパッケージの導入方法は、こちらのインストール方法をまとめたページに書かれている。
 

 注意喚起:現在、Raspberry Pi 2 には専用のパッケージが出されています。ソースコードだよりだった従来よりも、アップデートなどの操作が簡単です。インストール方法紹介ページのOS選択画面から、「Raspberry Pi 2 for Raspbian」を選択してください。そこに正しい導入方法が記されています。


 

  原文: Download the Omnibus package for Raspberry Pi 2 and install it:
 以下の方法は、ソースコードから導入する古いタイプものだそうです。
 外部ページ、SNS等で紹介されていても、実行はお勧めしません。

 旧式① オムニバスパッケージを導入

============================================
wget https://s3-eu-west-1.amazonaws.com/downloads-packages/raspberry-pi/gitlab_7.9.0-omnibus.pi-1_armhf.deb

sudo dpkg -i gitlab_7.9.0-omnibus.pi-1_armhf.deb
============================================
 

  旧式② インストールをするために、再設定コマンドを実施する

======================
sudo gitlab-ctl reconfigure
======================

  旧式③ 初期設定では、ユーザー名「root」パスワード「5iveL!fe」となっているので、これを使ってログイン

 

2018-02-11 12:36:59 / Hnoss
原文サイトを表示
[ 原文 ] https://about.gitlab.com/2015/04/21/gitlab-on-raspberry-pi-2/
Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス