Wikipedia 本日の写真 / 2016年7月8日 / 正規多円錐図法

正規多円錐図法(アメリカ図法)は、通常の円錐図法のような一つの円錐ではなく、地球に別々の円錐を「転がした」接線としてそれぞれの緯線が概念化される地図投影法。それぞれの緯線は真の縮尺の円弧である。縮尺はまた、投影図法の中心子午線上で正しい。1825年にファーディナンド・ルドルフ・ハスラーによって提案されたときから20世紀中頃までアメリカ合衆国の多くの地図作成機関により一般に使われてきた。

地図:Strebe。Geocartを使用。

 2016-09-05 07:03:45 / shikimi
原文サイトを表示
[ 原文 ] https://en.wikipedia.org/wiki/Template:POTD/2016-07-08
Creative Commons License この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス