【GitLab 公式 を訳してみた】公式レポジトリからGitLab Runnerをインストールする(Debian/Ubuntu/CentOS/RedHat)

法律: IT 解説記事 Linux GitLab CI フノス(訳者)

 GitLab RunnerGitLab Runnerをインストールする>公式レポジトリからGitLab Runnerをインストールする
 

  GitLabが現在対応しているLinux系OSは、Debian、Ubuntu、Mint、RHEL、Fedora、CentOSの6種類です。
 それぞれのサポート期間は以下の表を参考にしてください。

 

 

 

 

ディストリビューション バージョン サポート終了期間
Debian buster  
Debian stretch 2022年ごろ
Debian jessie 2020年6月
Debian wheezy 2018年5月
Ubuntu artful  
Ubuntu zesty 2018年1月
Ubuntu xenial 2021年4月
Ubuntu trusty 2019年4月
Mint sonya 2021年ごろ
Mint serena 2021年ごろ
Mint sarah 2021年ごろ
Mint rosa 2019年4月
Mint rafaela 2019年4月
Mint rebecca 2019年4月
Mint qiana 2019年4月
RHEL/CentOS 7 2024年6月
RHEL/CentOS 6 2020年9月
Fedora 25  
Fedora 26  

 

 

  前提条件 

  Docker executorを使用する場合は、ランナーをインストールする前にDockerをインストールしておく必要があります。
 各ディストリビューションにDockerをインストールする方法は、こちらのページを参考にしてください。

 
 

  ランナーをインストールする

 重要: GitLab Runner 10未満のバージョンを「使っている」、あるいは「アップグレードしたい」方の場合は、この先の章の『新しいバージョンにアップグレードする方法』をご覧ください。
 どうしてもバージョン10未満のGitLab Runnerをお使いになりたい場合は、『旧バージョンをインストールする』を参考に、インストール作業を進めてください。

 

 ランナーをインストールする方法:

 1.GitLab公式レポジトリからコンテンツをダウンロードします。

============================================
#  Debian/Ubuntu/Mint の場合
curl -L https://packages.gitlab.com/install/repositories/runner/gitlab-runner/script.deb.sh | sudo bash

# RHEL/CentOS/Fedora の場合
curl -L https://packages.gitlab.com/install/repositories/runner/gitlab-runner/script.rpm.sh | sudo bash
============================================
 

 注:Debianユーザーは、APTコマンドを使用することを推奨します。

   Debianは「Stretch」以降から、GitLabネイティブパッケージをなるべく公式レポジトリに準拠させる方針を打ち出しました。その設定はデフォルトであるということなので、レポジトリの中のソフトが古すぎる心配はありません。

  しかし、確実にGitLab最新版を使いたい方の場合は、手動でソースからパッケージをビルドする方法があります。その際に、「pinning configuration」ファイルのアップデートに関わる部分は、きちんと設定しておいた方がそつがないと言えます。
 以下の設定は、パッケージのアップデートが手動か自動かに関わらず、GitLab ランナーに最新版が出た時に、それを感知できるようにする設定です。

============================================
cat > /etc/apt/preferences.d/pin-gitlab-runner.pref <<EOF
Explanation: Prefer GitLab provided packages over the Debian native ones
Package: gitlab-runner
Pin: origin packages.gitlab.com
Pin-Priority: 1001

EOF
============================================

 

  2.GitLab Runnerの最新バージョンをインストールします。特定のバージョンをインストールしたい場合は、この項目を飛ばしてください。

======================
#  Debian/Ubuntu/Mint の場合
sudo apt-get install gitlab-runner

# RHEL/CentOS/Fedora の場合
sudo yum install gitlab-runner
======================

  3.「2」を飛ばした方へ。これが特定のバージョンのGitLab Runnerをインストールする手順です。

======================
# DEB系システムの場合
apt-cache madison gitlab-runner
sudo apt-get install gitlab-runner=10.0.0

# RPM系システムの場合
yum list gitlab-runner --showduplicates | sort -r
sudo yum install gitlab-runner-10.0.0-1
======================

  4.ランナーを登録する

  以上の工程を経ると、GitLab Runnerが皆さんのプロジェクトでお使いいただけるようになるはずです。

  GitLab Runnerについて、皆さんからよくお寄せいただいている質問は、こちらの FAQ に掲載されています。

 

 

  ランナーのアップデート

  最新版を入手する方法は簡単です。

======================
#  Debian/Ubuntu/Mint の場合
sudo apt-get update
sudo apt-get install gitlab-runner

# RHEL/CentOS/Fedora の場合
sudo yum update
sudo yum install gitlab-runner
======================

 

 

  手動でパッケージをダウンロードする

  手動でパッケージを導入する場合は、次のURLをご利用ください:https://packages.gitlab.com/runner/gitlab-runner

 

  GitLab Runner 10にアップグレードする

  GitLab Runnerを10.0以上のバージョンにアップグレードする手順です。

  1.古いレポジトリを削除する

======================
#  Debian/Ubuntu/Mint の場合
sudo rm /etc/apt/sources.list.d/runner_gitlab-ci-multi-runner.list

# RHEL/CentOS/Fedora の場合
sudo rm /etc/yum.repos.d/runner_gitlab-ci-multi-runner.repo
======================
 

  2.あとは前述の通りにランナーをインストールしてください。アップグレードの場合は、ランナーを登録したり、新しいレポジトリを用意したりする必要はありません
 

  3.RHEL/CentOS/Fedora の場合

======================
sudo /usr/share/gitlab-runner/post-install
======================

  重要:上のコマンドがうまく作動しなかった場合、サービスファイルが存在しない場合などが想定されます。詳しくはissue #2786をご覧ください。

 

2017-12-01 23:38:26 / Hnoss
原文サイトを表示
[ 原文 ] https://docs.gitlab.com/runner/install/linux-repository.html
原文ページプロジェクト並びにドキュメントファイルは、MIT Licenseのもと公開されています。(URL:https://gitlab.com/gitlab-com/gitlab-docs/blob/master/LICENSE) この記事の文章は、訳者の判断によりCreative Commons BY (version 3.0) を適用するものとします。