【GitLab 公式 を訳してみた】GitLab基本コマンド

法律: IT 解説記事 GitLab コマンド フノス(訳者) マニュアル

 GitLab Documentationはじめての GitLab>GitLab 基本コマンド

  プロジェクトでの作業を開始する

  Gitでは、プロジェクトをコピーすることを「クローン」といいます。gitプロジェクトをローカル(あなたのコンピュータ)で自分なりに加工するには、クローンという作業が欠かせません。

 GitLabでのやり方を説明します。まずは、GitLabにサインインしてください。

 するとダッシュボードという操作画面に移動します。そこから、皆さんがクローンしたいプロジェクトをクリックしてください。そのプロジェクトで作業を開始するには、Gitレポジトリのリンクをコピーする必要がありますが、この時、プロトコルを「SSH」か「HTTPS」から選択することを忘れてはいけません。 セットアップが後から簡単なのは「SSH」です。
 下の写真にあるように、Projectタブには「HTTPS」か「SSH」から選ぶドロップダウンメニューがあります。どちらかを選んだら、リンクのURLを表示している欄の右にある「クリップボードにコピー」をクリックしてください。(ここでコピーした内容は、次の段階でシェルに貼り付けます。)
 (写真1)Projectタブで「HTTPS」か「SSH」を選ぶ

 

  コマンドラインでの基本操作

  プロジェクトをクローンする

  皆さんのコンピュータのシェルを開いて、次のコマンドを入力してください。

======================
git clone ここにSSHかHTTPSのURLを張り付ける
======================

  すると、皆さんのコンピュータ(ローカル)にプロジェクトがクローンされます。

 注:特殊文字が入っているURLを使ってプロジェクトをクローンする場合は、必ずURLエンコードをごく確認ください。

 

  プロジェクトやディレクトリ・ファイルなどに移動して、作業を開始する

======================
cd プロジェクトあるいはファイル名
======================

 

  1つ前のディレクトリやファイルに戻る

======================
cd ../
======================

 

  現在作業しているディレクトリに、何があるかを確認する

======================
ls
======================

 

  ディレクトリを作成する

======================
mkdir ディレクトリ名
======================

 

  ディレクトリ内に「README.md」やファイルを作成する

======================
touch README.md

nano README.md

#### ここであなたの情報を入れる

#### 「control + X」を押す

####  「Y」と入力

####  「enter」を押す
======================

 

  ファイルを削除する

======================
rm ファイル名
======================

 

  ディレクトリとその中のコンテンツを全て削除する

======================
rm -rf ディレクトリ名
======================

 

  コマンドラインの履歴を確認する

======================
history
======================

 

  認証をまだ済ませていないユーザーが、認証が必要なコマンドを実行する

  ※実行時に管理者パスワードを求められます。

======================
sudo
======================

 

  現在作業している場所を確認する

======================
pwd
====================== 

 2018-03-23 21:54:33 / Hnoss
原文サイトを表示
[ 原文 ] https://docs.gitlab.com/ee/gitlab-basics/command-line-commands.html
原文ページプロジェクト並びにドキュメントファイルは、MIT Licenseのもと公開されています。(URL:https://gitlab.com/gitlab-com/gitlab-docs/blob/master/LICENSE) この記事の文章は、訳者の判断によりCreative Commons BY (version 3.0) を適用するものとします。