【GitLab 公式 を訳してみた】コマンドラインからGitを使う

法律: IT 解説記事 GitLab コマンド フノス(訳者) マニュアル

  GitLab Documentationはじめての GitLab>コマンドラインからGitを使う
 

  ここでいうやり方で、Git や GitLabを使い始めるのなら、まずはGitLabのアカウントを作成してくださいね。ここではGitLabのアカウントにサインインしていることを前提に説明していきます。

 

  シェルを開く

  OSやあなたの好みに応じて、どのシェルターミナルを使うかは異なりますが、主要なものはこちらです。

  まずはGitがインストールされているかどうかを確認しよう

  Mac と Linux なら、Gitはプリインストールされていることがほとんどです。

  次のコマンドをターミナルから打ち込んでみましょう。

======================
git --version
======================

  このコマンドで返ってきたメッセージに、コンピュータにインストールされているGitのバージョンが表示されているはずです。
 大切なのは、ここでGitのバージョンが「表示されなかった」ときです。これは、Gitがまだインストールされていないことを表します。今すぐ入手しましょう。

  Gitが自動的にダウンロードされない場合は、ウェブサイトから手動で導入することを考えてください。サイトのトップページにパソコン画面の絵があります。その中に、推奨パッケージが表示されているはずですから、それをインストールしましょう。

  インストールが終了したら、新しくシェルを開いて、もう一度 "git --version" と入力してください。サイトに表示されていた番号と、シェルに出てきた番号が一致すれば、正しくインストールされています。

 

  Gitユーザ名を追加して、emailアドレスを設定する

  これから大事な設定を2つします。
 1つは、Gitのユーザ名を設定すること。もう1つは、emailアドレスを設定することです。
 どうしてメールが必要なのかというと、Gitにコミットがあったときなどに、本当にあなたの操作かどうかを確認してほしいからです。
 

  これからユーザ名を追加します。シェルを開いて、次のコマンドを入力してください。

======================
git config --global user.name "YOUR_USERNAME"
======================
 

  念のため、ユーザ名が正しく設定されたかどうかを確認します。

======================
git config --global user.name
======================
 

  次にメール アドレスを登録します。次のコマンドを入力してください。

======================
git config --global user.email "皆さんのメアド@example.com"
======================
 

  メールアドレスが正しく設定されたかどうかを確認します。

======================
git config --global user.email
======================
 

  これらの情報は、皆さんが「--global」オプションを使っているときにだけ、必要です。Gitシステムで何らかの作業をしている最中、Gitはこれらの情報を常に使っています。
  特定のプロジェクトで、違うユーザ名やメールアドレスで活動しているときには、「--global」オプションを使わずにコマンドを実行できます。

 

  あなたのユーザ情報を確認する

  あなた自身の情報を確認するには、次のコマンドを入力します。

======================
git config --global --list
======================

 

  基本的なGitコマンド

  マスターブランチに移動して、最新変更版を参照する

======================
git checkout master
======================
 

  プロジェクトから最新変更版をダウンロードする

  このコマンドを使うと、指定したブランチから、最も新しいプロジェクト変更案をダウンロードすることができます。(この操作は、プロジェクトに携わっている限り重要です。)

======================
git pull REMOTE ブランチ名 -u
======================
 

  「REMOTE」にはブランチの出所、「ブランチ名」には「master」の他にも様々なブランチを指定することができます。

 

  ブランチを作成する

  システムの関係上、ブランチ名にスペースは使えません。ハイフンやアンダースコアに代替することをおすすめします。

======================
git checkout -b ブランチ-の-名前
======================
 
 

  すでに作成されたブランチで作業する

======================
git checkout ブランチ名
======================

 

  自分でどのような変更を加えたかを確認する

  皆さんが加えた変更が、どのような状態につながったかについては、逐一気を配っておく必要があります。

======================
git status
======================

 

  コミットに変更を加える

  "git status"を入力したときに、変更を赤文字で表示するには、

======================
git add CHANGES IN RED

git commit -m "コミットの状態がここに表示される"
======================
 

  変更をgitlab.comに送信する

======================
git push REMOTE ブランチ名
====================== 
 (この場合、『REMOTE』は送信先ということになる)

 

  Gitレポジトリの変更だけを全て消去して、ステージになかったものは残す

======================
git checkout .
======================
 

  Gitレポジトリの変更を未確認ファイルごとすべて削除する

======================
git clean -f
======================
 

  作成しておいたブランチを、マスターブランチとしてマージ(上書き)する

 この操作をするには、マスターブランチに変換したいブランチに移動しておく必要がある。

======================
git checkout 作成しておいたブランチ名

git merge master
======================
 

  マスターブランチを、作成しておいたブランチとしてマージ(上書き・変換)する

  この操作をするには、マスターブランチに移動しておく必要がある。

======================
git checkout master

git merge 作成しておいたブランチ名
======================
 

 

2018-03-23 21:54:45 / Hnoss
原文サイトを表示
[ 原文 ] https://docs.gitlab.com/ee/gitlab-basics/start-using-git.html
原文ページプロジェクト並びにドキュメントファイルは、MIT Licenseのもと公開されています。(URL:https://gitlab.com/gitlab-com/gitlab-docs/blob/master/LICENSE) この記事の文章は、訳者の判断によりCreative Commons BY (version 3.0) を適用するものとします。