【GitLab 公式 を訳してみた】プロジェクトをフォークするには

法律: IT 解説記事 GitLab フノス(訳者) マニュアル

 GitLab Documentationはじめての GitLab>プロジェクトをフォークするには

  どこかのレポジトリをコピーしてきて、そこに別の名前空間をあてがいます。そうしてコピーしてきたレポジトリに何らかの実験や変更を加えることを、フォークといいます。
 著作権などの問題がなければ、コピーや編集することなどは自由ですし、フォークしたレポジトリを公開するかどうかもまた自由です。ブランチとフォークとの最大の違いは、ブランチはアプリの土台となったプロジェクトに変更案を提出することに対し、フォークは基盤となったプロジェクトに案を提出せず、まるっきり独立したアプリケーションにしてしまうところにあります。

  GitLabでプロジェクトをフォークするには、いくつかの手順を踏まなくてはなりません。

  1.  プロジェクトのダッシュボードに移動して、Projectタブから、「Fork」ボタンをクリックします。
    (写真1)「Fork」ボタン
  2.  どのレポジトリをフォークするかをきかれますから、「user」や「group」づたいに任意のプロジェクトを選択してください。
    (写真2)名前空間を選ぶ
  3.  レポジトリのサイズに応じて秒数が違ってきますが、しばらくするとフォークが完了します。

 

Edit this page

2018-03-23 22:35:27 / Hnoss
原文サイトを表示
[ 原文 ] https://docs.gitlab.com/ee/gitlab-basics/fork-project.html
原文ページプロジェクト並びにドキュメントファイルは、MIT Licenseのもと公開されています。(URL:https://gitlab.com/gitlab-com/gitlab-docs/blob/master/LICENSE) この記事の文章は、訳者の判断によりCreative Commons BY (version 3.0) を適用するものとします。